FC2ブログ

めりーくりすます@上対馬

どうも!とよしまです~!

今回は上対馬へ1泊2日の釣行でした!その様子をお伝えします!



・1日目 12/23(日)

Member:田中さん あきひとさん えんどうさん とよしま



博多からフェリーで5時間50分かけて上対馬は比田勝へ!





20181225130534e50.jpg




まずはヒラマサ狙いへ!

比田勝から南へ進み、東側の岬へ!

途中ヘビやシカにエンカウントしながらポイントへ進み、各自キャスト!

潮目が何重にも出ていかにも釣れそう...





しかし....



現実はそうは甘くも行かず、不発...たぶんベイトがいない? 移動することに



途中スーパーで食料調達し(カレー100円)、西側のポイントへ


次のポイントに行き、崖をくだろうとすると...









先行者


ちくしょう!!!!




ん???







あれ????笑

中村さんじゃないですか!笑



実は今回の遠征、2泊組が先に対馬入りしており、たまたまこの場所でエンカウントしてしまったみたいでした...笑

先行組は既に何本かヒラスズキを上げており、ヒラマサも1本あげてました。

この後、このポイントを打つも、裂風120sでベラ....








20181225132328c43.jpg


きみはいつもぼくのともだちだね。


西側にベイトが入っていることを確信し、次のポイントへ

ここで、ヒラスズキ狙いに切り替えます


次は、漁港裏のポイントを打つも、不発
... 特になにもなかったので省略します

漁港でエギングをして楽しみました

20181225133005595.jpg



そして、Googleマップとにらめっこしながら最後のポイントへ!!!

2:2で左右に別れ、あきひとさんと右に行くと..

地元のおっちゃんとまさかのエンカウント

ここで釣れるよとポイントを譲ってもらいました!

そこでの1投目、裂波120fをスローでサラシに通すと...




ゴンッ!
ジジジジ....



キタァァァァァ!!!!



バラさないように丁寧にやりとりし、ぶっこ抜いてキャッチ!!!


20181225133945127.jpg



よっしゃぁぁぁぁぁぁぁ


60cmのヒラスズキでした!



この後あきひとさんが同サイズを同じ場所でかけるも、エラ洗いでバラシ...


その後、潮が満ちてきたため自分達ははやめに戻りました



胃袋チェックをすると....

20181225134537705.jpg


ルアーとほぼ同じ大きさのカタクチ こりゃつれるわ...

しばらくして、右側に行ったえんどうさんが60後半のヒラスズキをキャッチして戻ってきました!!


暗くなったので、ここで納竿としました。





・2日目 12/24(月)


前日同様西側にベイトが入っていると判断し、2泊班の人と一緒に昨日と同じポイントへ!!!



まずはヒラマサを狙います


スポウター120fを投げるも不発、荒れが入っていてトッププラグは動かしにくい状況だったため、比較的動かしやすいラピード160fを投げると...





釣れました、ヒラゴ、60cm 小さいので写真はないですヤズかと思ったのは秘密



その後、すぐそばでやってたえんどうさんに大きめの真鯛!!!


201812251401525fd.jpg



離れたところでやってた滋野さんにも真鯛が釣れていました!


その後潮が上がってきてポイントが潰れたため移動することに...


20181225140520085.jpg



しっかり魚を処理して、次のポイントに向かいます


ここで、自分はヒラスズキもヒラマサも釣り満足したため、ブルーカレント85tzを使った磯ライトゲームをすることに...




次のポイントは昨日自分とえんどうさんが釣ったポイントへ....

しかし、満潮のため打つ場所がなく....




サボりました
2018122514092421b.jpg




最後の下げにすべてをかけ、別のゴロタ帯に移動します



ポイントについて、ランガンしつつよさげな場所を探していると、沖向きにサラシがでているスリットを発見

サスケsf-95を投げるも泳がず、
ヤマリアのスライス70をスローで巻くと....


ゴン!グググ....!


よっしゃー!!きたぁー!!!






あれ? なんかあんまり引かない?


一応pe0.6号リーダーフロロ10lbのためスレると一発out、そのため冷静にやりとりすると、浮き上がってきたのはヒラスズキ!!!


ぶっこ抜くのは危険と判断し、岩の上に誘導し少し海に入って糸をつかんでキャッチしました!!!




20181225142037b7e.jpg



夢だった磯ライトゲームでのヒラスズキを釣り上げることに成功しました!!! やったー!










その後、納竿し、フェリーにのって帰りました。









今回の釣行はベイトに恵まれ素晴らしい遠征になりました。対馬はやはりヒラスズキの魚影が濃いですねー!
春シーズンになったらまた行きたいです!



tackle date
[青物用]
BlueSniper106PS[YAMAGA Blanks]
TwinPowerSW8000PG[shimano]
[ヒラスズキ用]
Early+102MH[YAMAGA Blanks]
TP4000PG[shimano]
[磯ライトゲーム]
BlueCurrent85TZ Nano[YAMAGA Blanks]
Ultegra2500[shimano]
とよしま | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/12/25 14:31

642日ぶりのヒラスズキを求めて…

こんにちは日野です!

ということで行ってきました!笑

ひっっっさしくヒラスズキ釣ってない…最後に釣ったのはいつだったろうか…?と調べてみるとなんと2017年3月7日(まだ鹿児島大学3年生)に南薩で釣ったのが最後でした…
その後なんやかんやあって釣り自体ほとんど行かなくなり卒業間近に1度行くも撃沈…(640日以上姿すら拝んでいない)

この前かなり楽しかったのとやっぱりヒラスズキといえば五島!というイメージがあり、タイミングよく週初からいい感じに荒れていてベイトも寄せられてきてるんじゃないかというあまい考えもあり行ってみることに。

ただ五島本島に行くのじゃ面白くないので開拓も兼ねそこから更に定期船で離れ島に行ってみることにしました。

今回バイクで行くことにしたのですが12月なのに最高気温が25℃を超えるなど暖かい日が続いたので、費用を浮かせるため宿をとらず本島でテント泊をすることに。







タイトルなし31

あっ…



タイトルなし30

アッ!(絶命)




Date 12/8-9

● いざ離れ島へ

タイトルなし9
パンパンに荷物を積んだバイクをフェリーに乗せていきます(夜逃げかな?) 予想よりも乗船手続きが簡単で一安心でした。


ここで乗船券を購入しにターミナルに向かうと豊島君、田中君の姿が!笑

こちらは本島でルアーで青物・カゴ釣りで真鯛狙いだそうです。その後フェリーに乗り込むと森本君もやってきました。

タイトルなし8
本島まで一緒に行くことに。豊島君、田中君とは前回の五島以来の再会笑 こうやってFull Castの人とバッタリ出会う事はよくあるそうです。大学じゃなく五島行きのフェリーって所がなんか釣りサークルって感じがしていいですね!


その後港に到着。さっそく釣り場に向かう森本君達をお見送りして、自分は出船時間まで待合所で少々時間を潰し定期船乗り場へ。

タイトルなし10
定期船に乗り込みいざ出発!前日大時化で船出なかったそうなんですが明日帰れるんですかね…



到着後バイクに乗って釣り場に向かいます。が、道中めちゃくちゃオフロードでひやひやでした、フルカウルで来る所じゃなかったですね。倒木がカウルに擦れまくりキュルキュルいってました…(新手の外装慣らしかな?)


と、道が開けてきたところで黒い影が横切っていきます!!そうイノシシです!!

こっちはお馬さん36匹分の乗り物に乗ってるんで負けるはずはないのかなぁ?ですがめちゃくちゃ怖かったです…
(みんなにはイノシシにあったら写真撮るとかぬかしてたんですが怖くてできませんでした…)あ、その後追加で2匹見ました…


そんなこんなで釣り場に到着…!



● 実釣開始!

タイトルなし24
いい感じにサラシが出て、沖ではカツオドリ?が時折海面につっこんでます。勝ったな!(フラグ)
目星を付けていた目の前の瀬はまだ潮位が高く、手前が水没していて濡れたくないとかいうヒラスズキ狙いにあるまじき考えからまずは写真右手のゴロタ浜から打っていくことに。(写真は瀬に上陸後撮影)



さっそくキャストしていきますが、あれ…?全然飛びません。1年以上の間にイメトレの甲斐あって妄想の中だけは上手くなっていたものの、実際は全く成長していませんでした…(当たり前ですよね)

それに加え、時折良さげなスポットに奇跡的にルアーが入るも反応がありません…

そうこうしてる内にゴロタエリア終了…あれ、これあかんやつやん…?


ナチュラルに焦りつつ岬の先端に向かいます。

タイトルなし14
良い景色ですね。が、楽しむ余裕もなく、先に進み打てそうなポイントを片っ端から打っていきます。
岬周りはある程度水深があり、飛距離が出なくてもなんとかなりそうです。



ここで両サイドが切り立ちつつワンド状になりサラシが溜まり続けているポイントが。

良い波が来たタイミングで越えるようにキャストすると2巻きほどでいきなりガツッ!とバイト!ひっっっさびさのヒラスズキのなかなかに強烈な引きにビビります笑 ドラグゆるっゆるだったのでサイドに回り込まれますがベールを返しつつなんとか寄せてきます…!

タイトルなし12
60cm位ですが642日ぶりのヒラスズキ獲れました…!めでたしめでたし。もう帰っても良いんじゃないですかね? HITルアーはサイレントアサシン120F。 結局初日はこれ1本で通すことに。


とりあえず同じポイントに投げるとまた2巻き程でヒット!今回はドラグを締めたので最初の引きを耐えつつゴリゴリ巻いてきて抜き上げ!

タイトルなし13
サイズアップの68cm!厚みと体高がすごかったです。どうやら今回はまんべんなく薄くポイントに着いているわけではなく、局所的に活性の高いやつが固まっているようです。


その後1本バラして反応がなくなる…
ここで潮位も下がってきたので最初乗りたかった瀬に向かって戻りながら打っていきます。


複数回のショートバイトと1バラしで到着…



● 瀬に上陸して後半戦スタート

潮位も下がり瀬に上陸することができたので気を取り直して打っていきます。と、いきなりサラシを割ってミノーに出ますがのらず…
どこで出るかわからないのでまた片っ端から打っていきます。


するとちょうど瀬の真ん中に差し掛かったあたりでサラシの直下をテロテロと巻いてくるとヒット!がバラし… すかさず投げるとまたヒットもバラし…(とりあえずバラしが多すぎるんだよね)


3投目の正直と同じ所にキャストするとまたまたヒット!!今回はガッチリ掛かったようですが良いサイズなのかなかなか浮いてきません、耐えつつ手前まで寄せてくるとサラシから姿が見えます!


ん…?デカない…??


抜き上げようにもどうにもこうにも上がらないので、ここで波が足を洗わず砕けた波が当たっても安全なギリギリの位置まで前に出てビショビショになりながらリーダーを掴んで押し波を利用して抜き上げ!!




タイトルなし15

タイトルなし16


ギリだけどランカー釣れてしもた…!!
もう帰っても良いんじゃないですかね?(2回目)


タイトルなし28
人生初ランカー! お太い…!まさかヒラスズキの方で釣れてしまうとは…
今回たまたまフックをSTX-45ZNの太いやつに変えててよかった… 純正だったら抜き上げの時確実に伸ばされてたと思います。



もう色々と満ち足りてしまいましたがとりあえずまた投げていくと活性が上がってきたのかショートバイト含めバイトがよく出始めます!が、エラ洗いなどで悉くバラしていきます…(満ち足りつつもバラすとやっぱり悔しい)


その後1匹追加して初日終了

タイトルなし29



● 予想通りの寒さ…

本島に戻ってテント泊の予定でしたが、地元の方に許可を頂き島で一夜明かす事に。


ビショビショになってめちゃめちゃ寒くなったんで暖っかい物食べて寝袋に包まって早めに就寝!

タイトルなし19

おでんかな?

タイトルなし18
撃投ストライクじゃなくてちゃんと箸で食べましたよ笑


明け方予想通りの寒さとビュービュー打ち付ける風にちゃんと船出るのか…!?という心配感から寝たり起きたりを繰り返して気づいたら寝坊(最悪のパターンですね)



● 2日目!

移動時間や荷物の準備の時間などを加味して実釣時間おおよそ1時間ちょっとしかありませんがとりあえずやってみる事に。

タイトルなし23
相変わらず風は強いですが、少し波が落ちていてやりやすい。今日も沖にカツオドリがいるのでどうやらベイトは抜けてないようです。時間がないので瀬のポイントに絞ることに。


まずは瀬の左側に立ち正面からのサラシが払いだしてくるタイミングで打っていきます。


何投かしたところで、テロテロ巻いてきたシンペンに足元からバコッ!と出ます!
そこまで足場が高くないので強引に抜き上げ。

タイトルなし20
70upの良型!とりあえず竿出してみて良かった… HITルアーはヘビーショット85mm


その後少し移動した先で再びシンペンにヒット! 引きはそこまで強くなくヒラスズキのものとも異なる感じ…

タイトルなし22
正体はクロダイくんでした。しかし五島産サラシ着きのチヌってめちゃめちゃおいしそうじゃないですか?かつて甲突川産橋下着きを主食にしていた自分としては真鯛同然の高級魚に見えました(今回はヒラスズキと一緒に定期船の船員さんに献上しました)


その後何回かバラし時間になったので終了。

船も無事に出て帰ることができました笑





今回、とりあえず1匹釣れれば満足くらいの気持ちで行きましたが、ベイト補正などもあって楽しい釣りができました。(とりあえず久しぶりに釣れて良かった…) ただ、下手くそすぎてバイト数に対して獲れた数がめちゃめちゃ少なかったので(普通の人がやったら多分倍は獲れてたと思います…)精進したいと思います…

また今回愚直にヒラスズキだけを狙いましたが、青物の雰囲気もとても良さそうだったのでこれからちょっと通い込んで狙っていこうと思います。あと他の離れ島にも行ってみたいですね。



タイトルなし11 (2)
クーラーがダサすぎる


[TACKLE DATA]

ROD : SHIMANO NESSA BB S1102MMH
REEL : SHIMANO BIOMASTERSW 4000XG(5000番スプールに交換)
MAINLINE : YGKよつあみ G-soul UpgradePE X4 2号
LEADER : VARIVAS VEP SHOCK LEADER 40lb
続きを読む
日野(たかし) | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/12/15 01:26

初五島初ヒラマサチャレンジ

皆様はじめまして!修士1年の日野です。
今年鹿児島大学からこちらの院に進学してきたのですが、偶然にも元サークル長の遠藤君と研究室が一緒になりFull Castに誘ってもらいました。

鹿児島大学では釣研究会に入っていたのですが、まさかこちらでまたサークルに入るとは想像すらしてませんでした笑(誘ってくれてありがとう!)

とまあそんな感じで今回やっっっとこさヒラマサタックルを揃え予定を空け(物理)、前々から行きたかった五島の遠征に同行させてもらいました!(書くの完全に忘れてて少し前のことになってしまうのですが許してください…)


Date 11/23-24
Member 滋野さん 田中君 豊島君 日野


船中、糸島で目撃したヒラマサの人間ごとを根に引きずり込んでやろうという殺意のある引きと釣り人の悲鳴の様な叫び声を思い返し少々ビビりながら五島へ向かいます。



● まずは根魚狙い

日の出の時間帯辺りまではロックフィシュが激アツらしいので、到着後早々地磯からテキサスリグにキジハタグラブ4"をセットして狙っていきます。


と、先にはじめていた豊島君が立て続けに良型のアラカブをヒットさせます!

タイトルなし2
なかなか良いサイズ(与次郎ヶ浜だったら万々歳)ですが、本人曰くまだまだデカいやつがいるそうで早速島のポテンシャルに驚かされます。


自分もタックルのセットが終わり豊島君によさげなポイントに案内してもらいキャストを開始します。


すると2投目、ゆっくりとリフトアンドフォールで誘っていくといきなりガツッ!とひったくられます!キス釣り大会以来の魚の引きに若干の感動を覚えながらやりとりしていると上がってきたのは40cm弱のアカハタ!

タイトルなし6
いきなりの良型ヒットでかなり嬉しい。良いポイント案内してくれてありがとう!


その後、スイミングで狙っていた豊島君に同サイズのアカハタがヒット!
滋野さんも同じくヒットさせ、ランガンして狙っていた田中君はこれまた良型のキジハタを釣り上げます!


良型のロックフィシュ全員安打…!すごいぜ五島!(語彙力喪失)



● 幸先良いと思いきや…?!

そうこうしているうちに完全に日が昇ってきたので、今遠征の大本命であるヒラマサを狙っていきます。
こみ上げてくる期待感を胸にFull Castや!と、いきたいところでしたが初めて使うガチタックルが重すぎてダイペンが上手く飛ばせない、ダイブさせようにも魚雷の如く吹っ飛んできてしまったりとなかなか釣りになりません…(これは修行が必要ですね…)


他のメンバーは流石!ビュンビュン飛ばしてきっちりとダイブさせててカッコよかったです笑


ただ青物の状況は渋いようで、自分はおろか他のメンバーにもなかなか反応がありません…

タイトルなし1
良い感じに海面はザワついてます。そうこうしているとよさげな潮目が入ってきたタイミングで豊島君の別注ヒラマサに良型のヒラマサがバイト!が、惜しくも針掛かりせず…!その後また沈黙が続く…


昼前になりここでポイントを変え島の北側に向かいます。


なかなか良いサラシが出ているのですがどうでしょうか…
自分と滋野さんがヒラスズキ、田中君と豊島君が青物をといった感じで狙っていきます。



(反応)ないです…なぁい!涙



他のメンバーもどうやらダメみたいです…



● 午後の部…!

こっちも厳しいということで一旦昼休憩を挟みまた最初に入ったポイントに戻ります。
と、ちょうど自分たちが移動した後ポイントに入られた方達が帰られる所だったのでお話を伺うと、どうやらトップとジグで掛けたものの切られてしまったそうです。


これは期待できそう!と、早速みんなでキャストを繰り返しますが反応なし…


暫くして田中君と豊島君が一旦車で休憩をとるとの事なので自分も荷物を取りに一緒についていきます。
で、気付いたら車中で爆睡してました…(貧弱すぎる)


と、ここで滋野さんから「でたぞ!!」とLineのメッセージが!


惜しくもバラしてしまいました(90cm近くあったそうな…)が、磯際から伸びたサラシでボイルがおきトップを投げたら1発で出たそうです!


激渋な状況の中、黙々と1人投げ続けていた滋野さん!
やはり諦めずフィールドに立ち続ける事が大切ですね、車中で爆睡しててはいけません(そういうとこやぞ)


ということで再びキャストを開始しますがやはり反応なし…
夕マズメロックフィッシュを狙ってみるもこちらも不発…


完全に日が暮れる前に宿に戻り釣行1日目終了。



● ラストチャンスの2日目午前

タイトルなし3
2日目は朝一軽くロックフィシュを狙った後、全員日の出前からヒラマサ狙いで投げ倒していく!が、やはり状況は芳しくないようでそうこうしている内に完全に日が昇ってしまった…


自分は未だにいまいち上手くアクションがつけられないので、ここでトップは諦め撃投ジグストライク85gに付け替えボトムからワンピッチで誘い上げていくことに。
やっぱり慣れ親しんだジグは良いですね、アクション出来てる感があります笑相変わらず飛距離は出せませんが…


何投かすると、ボトム付近でゴンッ!と初めての反応が!そのまま誘い上げていくと再びゴンッ!ときてフッキング!!


ヒラマサか…!?と思うも想像よりも引かずゴリゴリ巻いてきてそのまま抜き上げ。

タイトルなし5

タイトルなし
なんかあっけなく釣れてしもた… トップ使えないのが逆に良かったのか、60cmクラスとヒラゴサイズですがとりあえず人生初ゲット!ブリをプレス機で圧縮したような体高のある平たい魚体と鮮やかな黄色いラインがカッコイイですね。


魚おるやんけ!と再び投げ続けていきますがなかなか反応がありません。


やっぱり今日も渋いかぁ…と思い始めていた矢先、隣でCB.マサムネを投げていた滋野さんにヒット!!


なかなかにロッドが曲がっていますがパワーファイトで手前まで寄せてきます、そしてさながらカツオの一本釣りの如く豪快にブチ抜き!!

タイトルなし4
先ほどより一回り大きい70cmクラス 磯際での突っ込みを一切許さない豪快なファイトでものにした1匹でした、すげぇ…


どうやら今日はジグが当たりの日っぽいですね。
ということで、引き続き悲鳴を上げる体に鞭を打ちつつジグを投げてしゃくっていきます…!


がここで時間切れとなりました…




今回初日の朝一以外なかなか厳しい状況となってしまいましたが、そんな中でも良型ロックフィシュの全員安打やメンバーに大型ヒラマサの反応が何回かあったりするなど、随所に五島のポテンシャルを感じる事ができました。どうやらヒラマサは80cmを超えてくると引きが一気に強烈になるそうなので、この貧弱な体とルアー操作の基本的な所をなんとかして次はヒラマササイズを獲りに行きたいと思います。皆様のお誘いお待ちしていますよ!笑


あと今回ちょろっと久しぶりにヒラスズキ狙いでサラシ打ちをしたのですがやっぱり楽しいですね、こっちの方もまた本格的に狙いに行きたくなってきました…!


[TACKLE DATA]

ヒラマサ用
ROD : ZENAQ DEFIMUTHOS 100HH(RGガイドモデル)
REEL : SHIMANO TWINPOWERSW 8000HG
MAINLINE : DAIWA UVF SALTIGA SENSOR 8BRAID+Si 5号
LEADER : VARIVAS SHOCK LEADER 100lb

ヒラスズキ用
ROD : SHIMANO NESSA BB S1102MMH
REEL : SHIMANO BIOMASTERSW 4000XG(5000番スプールに交換)
MAINLINE : YGKよつあみ G-soul UpgradePE X4 2号
LEADER : VARIVAS VEP SHOCK LEADER 40lb

根魚用
ROD : TULALA El Horizonte 70
REEL : SHIMANO EXSENCE DC LH
MAINLINE : PE 2号
LEADER : フロロ 25lb 

日野(たかし) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/12/15 01:23

師走の長崎離島遠征

初めまして。1年の佐野です。

10月下旬に目の前でデカいヒラマサとサヨナラしてからというものの、夜も眠れない日々を過ごしてきたので、今回はそのリベンジと釣り納めを兼ねて長崎の離島に日帰りで(先輩方は泊り)遠征してきました。

Date:12/1
Member:本田さん・加藤さん・宇佐川さん・佐野



いつものように夜行便のフェリーに乗り込み、出発です。
フェリーターミナルまでの徒歩も、フェリーに乗船してから寝るまでの間も釣りの話で期待を膨らませていました。


フェリーが港につき、うっすら明るくなるまでは磯近くの漁港でライトゲームを楽しみました。

本田さんと加藤さんはアジや根魚狙いのワーミング、宇佐川さんはエギング、自分はしょっぱなからビビッてボウズを逃れるべく一つテンヤにキビナゴを付けて根魚狙いをしました。


開始早々、本田さんに何かがヒット!!

上がってきたのはライトゲームおなじみのネンブツぱいせんことネンブツダイでした。

僕にもさっそくアタリがありますが、全然乗らず、餌だけ取られます。ベラかフグでしょうか。とにかくエサ取りに悩まされます。

ふと気が付くと加藤さんがいなくなっています。なにやら一人で堤防の先端のほうでワーミングをしているようで、ちょっと気にしながら雰囲気をうかがっていると...!!




『カサゴでけえ!!』と叫ぶ加藤さんと本田さん。




上がってきたのは...





47739.jpg

47762.jpg

良型のカサゴ!!離島サイズですね。ライトタックルだったのでドラグもかなり出てとても楽しかったとのことです。お刺身でおいしそうです。

加藤さんに場所を譲っていただき、そこにキビナゴをたらします。




すると...!!




47693.jpg

かわいいカサゴちゃんです。リリース。ボウズは逃れました^^

引き続きキビナゴをたらします。



しばらくエサ取りに苦しんだ後、もぞもぞとしたアタリの後にヒットしたのは....!!!





47694.jpg

ちびクエ!!!
サイズのわりに引くと思ったらクエでした。小さいですが、人生初クエにテンション上がりました。大きくなってまた再会できることを願いながらリリース。堤防のお手軽フィッシングでクエが釣れるのですから離島のポテンシャルはすごいです。



こんな一幕もありました。


47737.jpg

本田さんが釣ったネンブツぱいせんにカサゴが食いついたというドラマ(という設定)(バレバレ

以上、ほっこり楽しめたライトゲーム編でした。














ここで日の出が近くなったので磯に移動。


最初のポイントは、僕は初のポイントで、わくわくしました。

先輩方がミノーやダイペンを投げる中、ジグを投げ続けましたが、誰にも反応はなし。




根魚を釣りたい僕はキビナゴ装備で手前をねちねち探りますが、エサ取りに取られてばかりで釣りにならず。


しばらく経ってから、何やらカツオドリがわらわらと飛んできて、海面に突き刺さっています。


しかもフルキャストしなくても届く距離!!


これはチャンスとミノーにチェンジして釣りますが、無反応。ボイルも起こらず、魚が付いていないのかと落胆。


改めてジグに替えて、中低層中心にしゃくり続けます。







3回目のフォール着底からのジャークで何かが『ゴンッ!!!』とジグをひったくりました!



『え?!根掛かり?いや、魚だ!』






Hのショアジギロッドが曲がります。根から離そうと全力でロッドを立てますが、根に潜られてしまいました。


この時、僕の頭の中は(クエかもしれない。この前のヒラマサより引いた気がするし。)と、雑念でいっぱいになります。

そう待っているうちに、魚が動きました!!


キャタリナのドラグフルロックで根から出し、ごり巻きで上げます。ものすごい重量感でこれはクエだと勝手に思い込みます。






見えてきた!!!...............ん???なんか赤い......???




上がってきたのは......






47695.jpg

40センチ弱のアカハタでした。重かったのは胸鰭にも針がかかっており、横向きに上がってきたからでした。

クエではなかったですが、うれしい一匹です。



この後、移動前に本田さんにバイトがありましたが、フッキングには至らず。サバかスマかな?とのこと。






二か所目のポイントに移動し、海を見ると、雰囲気が全くなく、ベイトも鳥も見当たらず、ダメかなという感じがしました。

実際全くアタリもなく、潮も動いていない感じでした。

なので、30分しないくらいでまたポイント移動しました。






三か所目の最後のポイントに移動すると、雰囲気最高。潮も動いてる。釣れそう!!!


あと釣りができるのは1時間くらいですが、はやる気持ちを抑え、安全に留意してエントリー。


先輩方はプラグ、僕はジグでスタート。

開始二投目で早々にジグを一つロストし、タイムロス.......リーダーとジグを結束しなおし、再び釣り始めます。


交換後一投目、フルキャスト。表層に気配がないので中低層を中心にシャクリます。







3回目の着底から3回ほどジャークしたところで.........『ゴンッ!!!!!』






よっしゃ来た青物だ!!


根ずれを起こさないようにゴリ巻き。あまり重量感はありません。ドラグもあまり出されず、割とすんなり寄ってきました。


手前に来て突っ込むこの引き、ヒラマサ!!


今回は先日の反省を踏まえて、釣れた時のことをしっかり考えて、立ち位置を決めたので、スムーズに足場の低いところに移動できました。


手前の岩にラインが擦れないように魚を誘導してランディング。







47696.jpg


47697.jpg



70センチ弱のヒラマサでした!3キロくらいでしょうか。

先日目の前でヒラマサとサヨナラしたリベンジができました。

かなりうれしく、テンションぶちあがりです。

まだチャンスはあるので、さっさとこやつの処理を終わらせ、また釣りを再開します。







何投かし、さっきヒラマサがヒットしたであろう付近でアクションさせていたところ......!!



『ガンッ!!!』







とすごい勢いでドラグが出されます。すかさず追い合わせをしましたが、残念ながらフックアウト.....

さっきのより確実にデカかったですね.............悲しみ。


残念ではありますが、今回っていることがさらに確信できたので、どんどん投げます。


そうしていると......本田さんの横で投げていた宇佐川さんにヒット!!




S__19374088.jpg


カサゴ??ハタ??遠くてよくわかりませんが根魚を釣りあげました!




フェリーの時間が迫り、残り三投。


さっきヒットがあった付近を重点的に通します。



一投目.........異常なし




まあ厳しいよな....と思いつつも、いや、ワンチャンあるぞと二投目。




ヒットがあった付近でアクションしていると!!






『ゴゴン!!!』







ラスト三投で来た!!!とテンションぶちあがり。



足場が低いところに移動し、ファイト。

めちゃくちゃ首を振ります。が、さっきのより小さい印象。

問題なく手前まで寄せ、ランディング!!!






47698.jpg


47699.jpg


55センチほどのカンパチでした。


先輩方曰く、日本海でこのサイズは大きいとのこと。


大満足で処理をしていると本田さんにヒット!!!!


しかし、ラインブレイク..........ここで時間切れです。





今回、ヒラマサリベンジと釣り納めを兼ねてこの離島遠征に臨みましたが、日帰りにしては出来すぎなくらい楽しむことができました。トップで釣るぞ!!と意気込んでいたにもかかわらず、ほとんどジグしか投げなかったので豊島さんに怒られそうそこは反省ですが、結果的にこれが功を奏したと言えます。ヒット後も落ち着いてファイトで来たのでそれもよかったです。





大満足の釣行でした!!!!!



47700.jpg


佐野 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/12/04 12:00

壱岐フカセチャレンジ 再び!

また、壱岐沖磯行ってきました。

今回もMARINE CROSS 玄海さんに乗って、糸島を朝5時出船!

いつも優しい船長に挨拶をし、船室でゆっくり・・・

20181127_181127_0002.jpg


この日は、知り合いのMさんと一緒に釣行です。

船室でぼーっとしてたらエンジン音が止まり、早いなあと思ったら自分の名前が呼ばれます。

あれ、こんな早くにどこだろうと思いながら、急いで荷物を磯に渡して上礁・・・!
烏帽子灯台に上がったみたいです。

ここはこの前、豊島が大きなヒラマサを釣った場所です♪



主に夜釣りのイメージですが、昼釣りでクロ狙いになります( `ー´)ノ


スマホで調べてみてもあまり情報は見当たらず、とりあえず釣り座を探します。

ハナレの磯がありますがここは、同礁者に譲り、自分とMさんは足場のマシな場所から釣りをスタートします。


日が昇り潮を見てみると、右から左に結構早く流れており、風も横風となかなかハードそうな状況・・・(+_+)


とりあえずマキエを準備しスタートフィッシング♪


ツケエサは3種類準備!
・自作ハードオキアミ
・ボイルオキアミ
・生オキアミ

20181127_181127_0005.jpg


ローテーションでなにがいいか探ります。

手前に撒き餌を打ちますがあまりエサ取りは寄ってこず、アブッテカモくんも見当たりません。

まずは深めのタナから流れのそばを丹念に探っていると、ヒット!

しかし、小さいコッパクロ・・・(´;ω;`)

ここからコッパクロが続きます・・・


エサも取られるのでボイル主体でじわじわとタナをあげていくと少しマシな型のクロをキャッチ。

タナを固定し、その後も30㎝前後のクロを数匹キャッチします。

ここで遅めの朝ご飯を食べ、ゆっくりします。

同行者も同サイズのようで大きなクロの姿がなかなか拝めません・・・


気持ちを入れ替え、少し移動し、沖向きに流れているとこに釣り座を置きます。

20181127_181127_0006.jpg

コマセを打ち、流しを繰り返していると、時合に入ったのか30~35cmのクロが連続ヒット・・・!


一度、かなりの引きで上がってきた茶色い魚体をばらしました・・・
(尾長かなぁ・・・)


後半はテンポよくキーパーをキャッチし気が付けば30オーバーを7匹揃えることができました。

20181127_181127_0007.jpg


しかし肝心の40㎝級のクロは姿を現さぬままストップフィッシング。。。



悔いの残る結果となってしまいました・・・

船長にもまだまだだといわれたので、勉強しなおしリベンジ行きたいと思います!

頑張っていきますよ~♪
20181127_181127_0009.jpg
ちなみにここ烏帽子灯台は歴史的にも有名な灯台らしく、調べてみるとなかなか面白い場所だったようです。
そういう貴重な場所に行けるのも釣りの魅力ですね~


フカセする部員が少なく寂しいので、だれか引きずりこまないといけないですね(笑)

[TACKLE DATA]
ROD: NISSIN IMGRAM BⅡ 1.5号
REEL: SHIMANO DESPINA 2500D
LINE:VARIVAS TRIBUTE ISO 2.5号
もりもと | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/11/27 14:46
 | HOME | Next »